自分でもできる!機械式時計の簡単お手入れ法

機械式時計のお手入れに用意しておくべきアイテム

機械式時計は長持ちさせるためにも、普段からこまめなお手入れが重要になります。クオーツ式の時計よりも複雑な構造になっているので、しっかりお手入れして故障を防ぎましょう。普段のお手入れで使えるグッズがいくつかあります。まず用意しておきたいのが歯ブラシですね。歯ブラシは、汚れが溜まりやすいベゼルや風防のクリーニングに向いています。専用のブラシが売っていますが、一般的な歯ブラシでも十分使えますよ。ただ、普通の歯ブラシを使う場合には使い終わった柔らかい歯ブラシが良いですね。
爪楊枝も意外と使えるアイテムです。普通の拭き掃除ではなかなか汚れが落とせない細かな部分を、爪楊枝で綺麗にしましょう。爪楊枝の先をカッターで尖らせておくと、より掃除がしやすくなりますよ。

実際のお手入れ法は?

実際のお手入れですが、まず綺麗にしておきたいのが風防です。風防は時計の見た目にも影響しますし、汚れていると時刻が読みにくくなってしまうという不具合も。基本的には専用のクロスを使って拭いてあげるのが良いですね。汚れを落とそうと力を入れすぎるのは良くありません。軽く優しく拭くようにしてくださいね。風防にはコーティングが施されているので、ちょっとした汚れならささっと拭くだけで十分汚れが落ちます。ブレスレットの部分は構造が複雑になっているので、丁寧にクロスで拭いていきましょう。間に溜まった汚れは、爪楊枝や歯ブラシで優しくクリーニングしてください。リューズや回転ベゼルは特に故障しやすい部分なので、定期的にケースとの隙間の汚れを落としましょう。

パテックフィリップはスイスの高級時計メーカーです。日本国内の一部においては、高級時計メーカーの中でも「別格」と認識されます。