同じじゃない?ジューサーとミキサーの違いをチェック

ミキサーの特徴をチェック

グリーンスムージーなどが流行したこともあり、ミキサーやジューサーの需要は年々増えているようです。ただ、家電量販店に行くとミキサーにジューサー、それにブレンダーと種類が多く、どれを選べば良いのか迷ってしまいませんか?購入時に迷わないためには、ミキサーとジューサーの違いを確認しておくのがおすすめです。ミキサーは容器の底についている刃が回り、果物や野菜を細かく切りきざんで撹拌するタイプのキッチン雑貨です。ブレンダーと言われることもあります。ミキサーの場合、果物や野菜を丸ごとジュースにできるのが魅力です。食物繊維もしっかり補うことが、ミキサーならできます。価格もリーズナブルな商品であれば、3000円から5000円程度で手に入れられる手軽さもミキサーの魅力です。

ジューサーの機能とは?

美容や健康に気を使っている人は、ミキサーよりもジューサーを選ぶことが多いようです。ジューサーは果物や野菜などの食材を細かく砕いて、さらに濾すことができるという特徴があります。人参などの固い食材でもジュースにすることが可能です。近年、ジューサーの中でも特に人気なのは低速タイプのものです。低速タイプは1分間あたり数十回転しか回りません。回転する回数が少ないので摩擦熱が起こり難く、食材のビタミンを壊しにくいと言われています。野菜や果物のビタミンは熱を加えてしまうと、壊れてしまう種類も少なくありません。より多くの栄養素を補いたいなら、同じジューサーでも低速タイプを選ぶと良いでしょう。

マグカップやコーヒーカップ、テーブルマット等のキッチン雑貨は、キッチンではクッキングを楽しくする小道具であり、食卓では食事の彩を添えてくれます。