腕時計はステイタスの一つ!!部下に対する威厳も保てる!!

腕時計によってステイタスを示せる

客先に行くとき、商品を売り込むならそれなりに信頼を得なければいけません。分かりやすく説明をしたりパンフレットを見せたりプレゼンをしたりしながらお客さんの心をつかもうとします。もちろん売り込む商品の内容も大事ですが、それ以上に大事になるのが誰が売るかです。買う側からすると信頼のある人から買いたいと思うでしょう。ビジネスの経験を示す方法としては、それなりの収入がありステイタスがあると示せれば、信用してもらえる可能性があります。そのアイテムとして腕時計が使えます。商談では手で資料を渡したり示したりするので、その時に腕時計がちらっと見えます。高級な時計を身に付けていれば、安心して話を聞いてもらえるかもしれません。

部課などに対して威厳を保てる

会社などにおいて、それなりに上下関係があります。最初はだれもが新入社員として入り、経験を積んで役職などが付くようになります。役職者になれば部下が付くようになり、指導や管理などをしていかなければいけません。若い人の中には話をしただけでは聞いてくれない人もいるので苦労するときもあります。上司の威厳を見せられれば、自分も将来この人みたいになりたいと思ってもらえるかもしれません。この時に使えるアイテムが腕時計です。会社では、位によって給料が変わります。新入社員は最低ラインの給料ですが、位が上ればどんどん給料も上がります。一定の価値のある高級時計をしていれば、それが買えるほど給料をもらっていると示せるでしょう。

ロレックスの時計と一言でまとめても様々なラインナップがあり、数十万円で購入出来る物から数百万円する物まで多種多様です。それぞれのカテゴリーやブランドを得意とする店舗があるのでしっかりと見極めましょう。