機械式時計を長持ちさせるためには手入れが重要!?オーバーホールとは

オーバーホールにかかる費用

機械式時計を長年にわたって使用する場合、こまめな手入れが欠かせません。メンテナンスを心がけ、定期的にオーバーホールを行う必要があります。オーバーホールは、機械を分解・清掃・再調整する一連の工程を意味しています。費用は、時計の型式やムーブメントの種類だけでなく、依頼する店舗によって変動しますよ。リーズナブルな価格帯の時計は2万円~3万円程度、認知度が高い有名ブランドの製品は5万円~8万円程度かかります。ハイエンドブランドの正規品は、1回のオーバーホールに10万円~15万円を要するケースが少なくありません。

オーバーホールを実施する頻度

機械式時計メーカー各社は、3年ごとにオーバーホールを実施することを推奨しています。しかし、「オーバーホールの周期は3年」と頭に入れて実施している方々は僅かです。技術の開発・向上に伴って機械式時計の性能が着実にアップし、不具合が起きる頻度は激減しています。過酷な環境下で装着し続けている方、年代が非常に古いモデル以外は、3年ごとのペースでオーバーホールを行う必要性が低いです。

では何故、メーカーはオーバーホールの頻度を顧客に提示するのでしょうか。その答えは、顧客と接触する機会の増加です。顧客がオーバーホールを依頼するために来店することによって、店側はイチオシの商品を紹介するチャンスを模索できます。メーカーがマーケティング戦略の手段としてオーバーホールの頻度を推奨していることを把握しておきましょう。機械式時計のユーザーは自分自身の感覚を大切にし、オーバーホールのタイミングを決める必要があります。

グランドセイコーは、日本の時計メーカー、セイコー社が販売しているトップブランドの名称です。価格帯は20万~280万ほどで、40代~50代のサラリーマンに人気があります。